心因性のed

一人とパートナーとの違い

不思議なものなんですが、一人の世界では勃起をしてからマスターベーションをすることができる。DVDを見たり、雑誌や想像をすることで、精欲や興奮が陰茎にどっとたまり、そして血流を活発にしてくれるのだと思うのですが、でも、でも、、パートナー(特に妻)になると、不思議と”ヘナヘナ状態”になってしまう・・・。

 

理由はわかっている。パートナーの顔を見ると、急激に冷めてしまう・・・。心因性EDの大きな要因なのかもしれない。特に、最近の若い人で多いそうです。パートナーとの問題ではなく、社会的な不安が入り込み、どうしても先の未来に対して、自信を持つことができずに、様々なことが頭つに詰め込まれてしまい、性行為の時でも陰茎に力が入らないことがあるとのこと。これが心因性edの怖い所なんですね、、、

 

不思議と一人では大丈夫なんですが、パートナーとなると、どうしても力が入らずに、結局は自分だけではなく、愛艇に対しても失礼なことになってしまう。そういったことでedの専用の治療薬である薬を使ったり、私が現在利用しているサプリメントを利用することになります。

 

まずは、edになった原因、それに対してどんな成分を利用することで改善できるのかなどをしっかりと調べてから使うのが一番履行的なやり方になるとは思いますね。